石を割る by : pot



だいぶ暖かくなったので石積み再開です。

基本1人で作業をしているので当然積む石が1人で持ち上がる大きさでなければいけない。
でも、転がすこともままならないような石は割るしかないんです。
・・・なので、石を割ってみます。

まず、割りたいラインを決めてハンマードリルで3箇所くらい穴をあけます。

inaka-4526731.jpg

その穴に「セリ矢」という道具を差し込みます。↓これがセリ矢
inaka-4526732.jpg

差し込んだセリ矢を金槌で均等にすこしづつ打ち込みます。
・・・すると、

inaka-4526737.jpg

「カンカンカン」という音が「ミシミシミシ」に変わり、
パカッと割れます。

inaka-4526738.jpg

マニアックなネタですみませんでした。
陶芸がんばります・・・

冬の生業 by : pot



毎年の事だけれど、冬になるとたくさんの木を切る。
家の日当たりを良くするためと、薪ストーブの燃料も確保したい。

今まではそれだけの理由で木を切っていたけれど、今冬から「木の駅プロジェクト」という地域事業に参加することになり、少し状況が好転してきた。

「木の駅プロジェクト」とは簡単にいえば、切った木をチップ業者などに売り、その売り上げ+市の補助金分が地域流通券「モリ券」として還元される。
この「モリ券」は地元のほとんどの小売店で利用できる金券のようなもので、コンビニやガソリンスタンドでも使えるのでとても有難いシステムなのだ。

軽トラ1杯で約3000円の「モリ券」となる。

inaka-4526726.jpg

もう何杯分運んだだろうか・・・



木の駅プロジェクト